FC2ブログ
毎日、サッカーW杯ロシア大会において熱戦が繰り広げられていますね。

昨夜は我らの日本代表が、セネガルと堂々と渡り合い、見事、勝ち点1をゲットしました。

私と同じように今日は寝不足の方も多いのではないでしょうか?

これでグループリーグ突破に向けて、また一歩前進したといっていいでしょう。

ところで、グループリーグ突破といえば、今から20年前、日本が初めてW杯に出場したフランス大会の時のこと・・・

当時、代表監督を務めていた岡田氏が、決勝トーナメント進出を目指すにあたって、『1勝1敗1引き分けの勝ち点4』という目標を設定しました。

そして、岡田氏は後日談として、次のような趣旨のことを語っておりました。

『決勝まで勝ち続けるつもりの選手、W杯に出られるだけで満足している選手、自分をアピールしようしている選手・・・等々、選手達の意識がバラバラだったので、具体的で明確な目標を設定しなければいけないと考えた。2勝という目標を口にするのは少々おこがましい。1勝2敗では予選リーグを突破できない。だから、1勝1敗1引き分けという目標にした・・・』

20年も前のことなので細かいディティールは失念しましたが、たしか、このような趣旨の発言をしていたように記憶しております。

この考え方は、ビジネスの場においても、経営者や管理職といったリーダーがマネジメントをおこなう上で、大いに参考になるのではないでしょうか・・・。

例えば、社長が、『当社は地域ナンバー1になる!』という大きな目標を掲げた場合、それを実現するための具体的で明確な目標も併せて設定する必要があります。

なぜなら、そうすることで社員達が、『そのために自分たちは何をすべきなのか?』ということと向き合い、高いモチベーションを維持して取り組むことができるからです。

現実的な目標を一つひとつクリアーしていくことが、最終的には理想の実現につながると私は考えますが、皆さんはどうお感じになりましたか?

私が代表を務める事務所   → 富岡コーチ&コンサルタント事務所

個人クライアント向けサイト  → そうだ!富岡コーチに相談しよう!

※現在、下記ブログランキングに参加中です。1日1回、ちょこっとワンクリックしていただけると本当に嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 太田情報へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック