FC2ブログ
10月に入りました。今年も残すところ3ヶ月・・・早いですね。

まだ今年を振り返るには時期として少々早いですが、2018年はスポーツ界のパワハラ問題が随分クローズアップされた一年でした。

日本のスポーツ界は、指導者と選手が上意下達の関係にあることが多く、パワハラが起こりやすい状況にあるように思います。

まさに上下の関係ですね。

指導者が指示することに盲従して忠実に実行する選手を育てる・・・そのような土壌が昔からあったのではないでしょうか?

これは教え・指導する「ティーチング」のアプローチです。

それに対して、最近、大活躍している大坂なおみ選手とドイツ人コーチの関係は対等です。

コーチは上から目線で『教えてやる』ではなく、彼女のヤル気や長所を引き出していく「コーチング」のアプローチで接しています。

このコーチングの手法は、ついついティーチング一辺倒になりがちなスポーツの指導現場において、新しい風を吹き込む可能性を大いに秘めております。

現在、富岡コーチ&コンサルタント事務所では、スポーツ指導者向けのコーチングセミナーを企画中です。

詳細が決定しましたら、また告知させていただきますが、ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。→ 【お問い合わせフォーム】

私が代表を務める事務所   → 富岡コーチ&コンサルタント事務所

個人クライアント向けサイト  → そうだ!富岡コーチに相談しよう!

※現在、下記ブログランキングに参加中です。1日1回、ちょこっとワンクリックしていただけると本当に嬉しいです。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 太田情報へ 人気ブログランキングへ
スポンサーサイト